スニーカーの選び方

正月一日は

(原文)
正月一日は、まいて、空の景色うらうらと珍しく、かすみこめたるに、世にありとある人は、姿容心ことにつくろひ、君をもわが身をも祝ひなどしたるさま、殊(こと)にをかし。

 七日は、雪間の若菜青やかに摘み出でつつ、例はさしもさる物目近からぬ所に もてさわぎ、白馬見んとて、里人は車きよげにしたてて見にゆく。中の御門の閾ひき入るるほど、頭ども一處にまろびあひて、指櫛も落ち、用意せねば折れなどして、笑ふもまたをかし。左衞門の陣などに、殿上人あまた立ちなどして、舎人の弓ども取りて、馬ども驚かして笑ふを、僅に見入れたれば、立蔀などの見ゆるに、主殿司、女官などの、行きちがひたるこそをかしけれ。
 いかばかりなる人、九重をかく立ち馴すらんなど思ひやらるる中にも、見るはいと狹きほどにて、舎人が顏のきぬもあらはれ、白きもののゆきつかぬ所は、誠に黒き庭に雪のむら消えたる心地して、いと見ぐるし。馬のあがり騒ぎたるも恐しく覺ゆれば、引き入られてよくも見やられず。

 八日、人々よろこびして走りさわぎ、車の音も、つねよりはことに聞えて をかし。

 十五日は、もちかゆの節供まゐる。かゆの木ひき隱して、家の御達、女房などのうかがふを、うたれじと用意して、常に後を心づかひしたる景色もをかしきに、いかにしてげるにかあらん、打ちあてたるは、いみじう興ありとうち笑ひたるも、いと榮々し。ねたしと思ひたる、ことわりなり。
 去年より新しう通ふ壻の君などの、内裏へ參るほどを、心もとなく、所につけて我はと思ひたる女房ののぞき、奧のかたにたたずまふを、前にゐたる人は心得て笑ふを、「あなかまあなかま」と招きかくれど、君見知らず顏にて、おほどかにて居給へり。
 「ここなる物とり侍らん」などいひ寄り、はしりうちて逃ぐれば、あるかぎり笑ふ。男君もにくからず愛敬づきて笑みたる、ことに驚かず、顏少し赤みてゐたるもをかし。また互に打ちて、男などをさへぞうつめる。いかなる心にかあらん、泣きはらだち、打ちつる人を呪ひ、まがまがしくいふもをかし。内裏わたりなど、やんごとなきも、今日はみな亂れて、かしこまりなし。

 除目のほどなど、内裏わたりはいとをかし。雪降りこほりなどしたるに、申文もてありく。四位五位、わかやかに心地よげなるは、いとたのもしげなり。老いて頭白きなどが、人にとかく案内いひ、女房の局によりて、おのが身のかしこきよしなど、心をやりて説き聞するを、若き人々は眞似をし笑へど、いかでか知らん。「よきに奏し給へ、啓し給へ」などいひても、得たるはよし、得ずなりぬるこそ、いとあはれなれ。

 三月三日、うらうらとのどかに照りたる。桃の花の今咲きはじむる。柳など、いとをかしきこそ更なれ。それもまだ、まゆにこもりたるこそをかしけれ。廣ごりたるはにくし。花も散りたる後はうたてぞ見ゆる。
 おもしろく咲きたる櫻を長く折りて、大なる花瓶にさしたるこそをかしけれ。櫻の直衣に、出袿して、客人にもあれ、御兄の公達にもあれ、そこ近くゐて物などうちいひたる、いとをかし。そのわたりに、鳥蟲のひたひつきいと美しうて飛びありく、いとをかし。

 祭のころはいみじうをかし。木々のこの葉、まだ繁うはなうて、わかやかに青みたるに、霞も霧もへだてぬ空の景色の、何となくそぞろにをかしきに、少し曇りたる夕つかた、夜など、忍びたる杜鵑の、遠うそら耳かと覺ゆるまで、たどたどしきを聞きつけたらん、何ごこちかはせん。

 祭近くなりて、青朽葉、二藍などのものどもおしまきつつ、細櫃の蓋に入れ、紙などにけしきばかり包みて、行きちがひもて歩くこそをかしけれ。末濃、村濃、卷染など、常よりもをかしう見ゆ。童女の頭ばかり洗ひつくろひて、形は皆痿えほころび、打ち亂れかかりたるもあるが、屐子、沓などの緒すげさせ、裏をさせなどもて騒ぎ、いつしかその日にならんと、急ぎ走り歩くもをかし。
 怪しう踊りて歩く者どもの、さうぞきたてつれば、いみじく、ちやうざといふ法師などのやうに、ねりさまよふこそをかしけれ。ほどほどにつけて、親をばの女、姉などの供して、つくろひ歩くもをかし。
(語句)
①まいて(まして)②かすみこむ(霞があたり一面にたちこめる)③心こと(心異、格別に)④つくろふ(繕う、なおす)⑤さしも(それほどまでに)⑥めぢかし(目近し、間近に見慣れる)⑦もてさわぐ(もて騒ぐ、もてはやす)⑧あをうま(白馬の節会、天皇が馬寮で青馬21頭を御覧になり、一年の邪気を払う儀式)⑨里人(民間人)⑩中の御門(待賢門、たいけんもんの異称。内裏の東の門で南から二番目の門)⑪とじきみ(門の柱の間に敷いてある横木。しきい)⑫かしら(頭)⑬ゆるぐ(揺れ動く)⑭さしぐし(女性が髪飾りとしてさした櫛)⑮左衛門の陣(警備の武士の詰め所)⑯舎人(天皇、皇族などのそば近く仕え、雑務や警護をした下級役人)⑰はつかに(ほんの少し)⑱とのもりづかさ(宮中で雑用をする女官)⑲女官(にょうかん、下級の女官)⑳九重(皇居)21,顔のきぬ(顔の地はだ)22,むらむら(まだらに)23,八日(女叙位にょじょい、一年おきに女官に位階を授ける儀式、女王禄、おうろく、毎年皇族の女性に絹布などをたまう儀式が行われた)24,節供(季節の変わり目の祝いをする日)25,まゐりすう(参り据う、献上して、その方の前に置く)26,御達(宮中や貴族の家に仕える上級の女官や女房の敬称)27,はえばえし(はなやかで見栄えがする)28,ねたし(いまいましい)29,心もとなし(待ち遠しくて心がいらだつ)30,けしきばむ(様子が外に現れる)31,あなかま(ああ、やかましい)32,はた(まったく)33,おほどか(おおらか)34,まがまがしい(いまいましい)35,かしこまり(遠慮)36,除目(除は前の官を除く、目は新任者を目録に記載する。大臣以外を任命する行事)37,若やか(若若しい様子。)38,ここちよげ(気持ちよさそうに)39,たのもしげ(信頼できそうである。)40,うらうら(うららか)41,うたて(ひどく)42,そぞろ(なんという理由もなく)