スニーカーの選び方

うつくしきもの

(原文)
うつくしきもの、瓜にかきたるちごの顔。雀の子の、ねず鳴きするに踊り来る。二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひ来るみちに、いと小さき塵のありけるを、目ざとに見つけて、いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし。かしらは尼剃ぎなるちごの、目に髪のおほへるを、かきはやらで、うちかたぶきて、ものなど見たるも、うつくし。  大きにはあらぬ殿上童の、装束きたてられてありくも、うつくし。をかしげなるちごの、あからさまに抱きて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。  雛の調度。呱の浮き葉のいと小さきを、池より取り上げたる。葵のいと小さき。何も何も、小さきものは、みなうつくし。  いみじう白く肥えたるちごの、二つばかりなるが、二藍のうすものなど、衣長にて、たすき結ひたるがはひ出でたるも、また、短きが袖がちなる着てありくも、みなうつくし。八つ九つ十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて文読みたる、いとうつくし。  にはとりのひなの、足高に、白うをかしげに、衣短なるさまして、ひよひよとかしがましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくも、をかし。また、親のともに連れて立ちて走るも、みなうつくし。  かりのこ。瑠璃の壺。
(現代語訳)  かわいらしいもの、瓜に描いてある乳児の顔。雀の子が、(人が)ねずみの鳴き声をまねするとぴょんぴょんと寄って来るさま。二、三歳ばかりの幼児が、急いではって来る途中で、とても小さな塵があるのを、目ざとく見つけて、とてもかわいらしい指でつまみ上げて、大人などに見せているさまは、本当にかわいらしい。髪は肩のあたりで切りそろえた振り分け髪の(女の)子が、目のところに髪が降りかかっているのを、かきやりもしないで、ちょっと首をかしげて、ものなどを見ているのも、かわいらしい。  大柄ではない殿上童が、きれいな装束で飾り立てられて歩き回る様子も、かわいらしい。かわいらしい乳児が、ちょっと抱いてあやしたり愛撫したりするうちに、こちらにすがりついて寝てしまったのも、本当にかわいらしい。  人形遊びの道具。睡呱の浮き葉でとても小さいのを、池から取り上げたの。二葉葵の葉でとても小さいの。何にかかわらず、小さいものは、みなかわいらしい。  とても色白で太っている乳児で、二歳ぐらいなのが、紅と藍とで染めた濃い紫色のうすものなどを、丈が長くて(足を包むような形に着て)、邪魔な袖はたすきで背中に結び上げた格好をしているのがはい出して来る様子も、また、丈の短い着物で袖ばかりが目立つ着物を着て歩き回るのも、みなかわいらしい。八つ九つ十くらいの男の子が、声は(よく通る甲高い)子供っぽい感じで(学問始めの)漢籍を読んでいるのは、とてもかわいらしい。  鶏の雛が、細長いすねがむく毛の間からにゅっと突き出た様子で、白くきれいな姿で、丈の短い衣を着た様子をして、ぴよぴよとうるさく鳴き立てて、人の前後に連れ立ってちょこちょこと歩き回るのも、おもしろい。また、親鳥のお供をして連れ立って(親が走れば子も)走るという様子も、みなかわいらしい。  あひるやがちょうの卵。仏骨を入れる青光りした立派な壺。