敏感肌持ちのアラサー女子が実際にデオドラントを試したり、ネットで収集したわきが対策の情報を発信していきます。みんなの体験談やブログなども紹介しています。

アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト

美肌菌・美容情報

白髪染シャンプーの選び方|白髪染めシャンプーのメリットや使い方は?

投稿日:

f:id:m-danjyo:20190322230633j:plain

白髪染めシャンプーのメリットと選び方

年齢とともに気になり始める白髪。白髪があると老けて見えるので、何とかして目立たなくしたいですよね。

 

「でも、白髪染めは面倒だし、髪が傷むからイヤ」という人にオススメなのが白髪染めシャンプーです。最近は20代の人でも白髪に悩んでいる人が増えているので、ぜひオススメしたいアイテムです。

 

そこで今回は、白髪染めシャンプーのメリットや選び方をご紹介します。白髪にお悩みの人は、白髪染めシャンプーで美しい黒髪をキープしていきましょう!

 

白髪染めシャンプーとは?

白髪染めシャンプーとは、「シャンプーの機能」と「白髪染めの機能」が合体したシャンプーのことです。使い続けることで徐々に白髪を染めていくことができるので、自然と白髪が目立たなくなっていきます。

 

ただし、一般的な白髪染めやヘアカラーなどのような即効性はなく、長期的な使用が必要になります。とはいえ、白髪染めのように髪にダメージを与えることが少ないため、髪や頭皮にやさしいのがメリットです。

 

白髪染めシャンプーのメリット

いつものシャンプーと同じように髪を洗うだけで、白髪が目立たなくなる白髪染めシャンプーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

頭皮や髪にやさしくダメージが少ない

白髪染めは手袋をして使いますが、白髪染めシャンプーは素手で使うこともあり、頭皮や髪にやさしく、刺激が少ないことがメリットです。一般的な白髪染めの場合は、キューティクルを開いて髪の内部まで染めていきますが、白髪染めシャンプーは髪の表面に色をつけるものなので、頭皮や髪へのダメージが少ないのです。

 

肌が弱い人や、白髪染めで髪がパサパサになるのが気になる人は、白髪染めシャンプーがオススメです。

 

手間がかからず、染めにくい部分も染まる

白髪染めをするのって、本当に面倒ですよね。準備や放置時間も必要なので、手間も時間もかかります。その点、白髪染めシャンプーなら、いつものシャンプーと同じように髪を洗うだけでOKなので、手間も時間もかからないのがメリットです。

 

また、白髪染めは、後頭部や内側の髪にまで均一に塗るのが大変で、色ムラができてしまうこともありますよね。それに比べて白髪染めシャンプーは、シャンプーの泡を髪全体に行きわたらせるだけで均一に染まるため、白髪染めでは染めにくい部分まで簡単に染めることができます。

 

少しずつ自然に染まっていく

白髪染めシャンプーは、継続して使用していくことで徐々に白髪が目立たなくなっていきます。一般的な白髪染めやヘアカラーなどで染めると、明らかに「白髪染めをした」という印象を与えてしまいますが、白髪染めシャンプーは、少しずつ自然に染まっていくのがメリットと言えるでしょう。

 

そのため、すぐに白髪を黒髪にしたい人には向いていませんが、まわりの人に気づかれないように自然に髪を染めたい人にはオススメです。

 

白髪染めシャンプーの選び方

白髪染めシャンプーが欲しいと思っても、いろいろな種類があってどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで、白髪染めシャンプーを選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

白髪を染める有効成分が配合されているか

白髪染めシャンプーを選ぶときには、白髪対策に適したものを選ぶことが大切です。そもそも白髪が染まらないと意味がありませんので、白髪を染める有効成分が十分に配合されているかどうをチェックしましょう。

 

白髪を染める成分には、「チロシン」と呼ばれるものがあります。チロシンとは、髪を黒くする「メラニン色素」の生成を促す成分のことです。また、「フコイダン」と呼ばれる成分は海藻類に含まれている成分で、白髪を改善したり、髪にうるおいを与えたりする効果があります。

 

白髪染めシャンプーを選ぶ際には、これらの有効成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。

 

髪をいたわる成分が配合されている

白髪染めシャンプーは、使い続けることで白髪が徐々に染まっていくため、小まめに使用する必要があります。頻繁に使用するシャンプーなので、髪をいたわる成分が配合されているかどうかもチェックしましょう。髪をいたわる成分が配合されていれば、白髪染めをしながらキレイな髪を育てることができます。

 

健康でキレイな髪を育てるには、乾燥を防ぐ「保湿成分」や「ダメージケア成分」が配合されている白髪染めシャンプーを選ぶと良いでしょう。保湿効果の高い成分はグリセリンやヒアルロン酸、ダメージケア成分はフコイダンやヘマチンなどです。

ヘマチンは、髪の補修効果だけでなく、メラニン色素の働きをサポートしてくれるので、ヘマチンが含まれている白髪染めシャンプーを選ぶのがオススメです。

 

頭皮にダメージを与えないものを選ぶ

白髪染めシャンプーを選ぶときは、髪だけでなく、頭皮にもダメージを与えないものを選びましょう。頭皮がダメージを受けると健康な髪が育ちにくくなり、白髪が増える原因になってしまいます。

 

頭皮にダメージを与えないシャンプーを選ぶなら、「アミノ酸系シャンプー」がオススメです。アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドなので、頭皮へのダメージが少なく、頭皮をやさしく洗ってくれます。

洗浄力が強すぎるシャンプーを選ぶと、頭皮環境が乱れて白髪が増える原因になるため、「アミノ酸系の白髪染めシャンプー」を選ぶと良いでしょう。

 

コスパが良いかどうか

白髪染めシャンプーは、長く使い続けることで徐々に白髪が染まっていくため、コスパが良いかどうかも大切なポイントになります。配合されている有効成分などをチェックして、コスパが良い白髪染めシャンプーを選びましょう。

 

また、白髪染めシャンプーは、毎日使うとコスパがあまり良くないように感じますが、白髪がある程度染まってきたら毎日使わなくてもOKです。そのため、総合的に考えると、一般的な白髪染めよりもコスパが良いと言えます。

 

白髪染めシャンプーの効果を引き出す使い方

白髪染めシャンプーは、正しい使い方をすることで染まりが良くなっていきます。もし、なかなか思うように白髪が染まらない場合は、使い方が良くないのかもしれません。では、白髪染めシャンプーの効果を引き出すためには、どのような使い方をすれば良いのでしょうか?

 

お湯で汚れを落としてから使う

髪に汚れがついている状態でいきなり白髪染めシャンプーを使っても、思うように染まってくれません。そのためシャンプー前には、お湯で髪の汚れを落としてから使うようにしましょう。

お風呂に入る前にブラッシングをしておくことも、髪に付着した汚れを落とす効果があるので、洗髪前にブラッシングしておくと尚良いでしょう。

 

シャンプー前に髪の汚れを落としておくことで、シャンプーの泡立ちが良くなったり、白髪が染まりやすくなるため、白髪染めシャンプーの効果がグッと高まりますよ。

 

泡で髪全体を包み込む

どんなシャンプーでも、しっかりと泡立てることが大切ですが、白髪染めシャンプーの場合には、泡が髪全体を包み込むことで白髪が染まりやすくなります。そのため、手のひらの上でしっかりと泡立ててから髪に乗せるようにしましょう。

 

染まりにくいときには、お湯で髪を洗った後に一度タイルドライをしてから白髪染めシャンプーをつけると、白髪染めの効果が高まります。

あとは、いつものシャンプーと同じ要領で、髪全体に行き渡るように揉みこんでいきましょう。

 

少し時間を置く

白髪染めシャンプーは、髪や頭皮を洗い終わった後に、少し時間を置くことで効果がアップします。シャンプーをつけたままの状態で、10分ほど放置しましょう。

ただし、手についたシャンプーはしっかり洗い流しておかないと、手に染料がついてしまうので気をつけてくださいね。

 

10分ほど時間を置いたら、しっかりとシャンプーを洗い流します。お湯の色が透明になるまで、しっかりとすすぐようにしましょう。洗い残しがあると、頭皮のかゆみなどの原因になります。

 

継続して小まめに使う

白髪染めシャンプーは、使い続けるほどに白髪が染まっていきます。そのため、継続して小まめに使うことが大切です。もちろん毎日使ってもOKです。

 

ある程度白髪が染まってきたら、毎日使わなくてもOKですが、それ以外のシャンプーを使うときは、色落ちしにくいシャンプーを選ぶことがポイントです。

洗浄力が強いシャンプーを使ってしまうと、色が長持ちしなくなるため、洗浄力がマイルドな「アミノ酸系シャンプー」を選ぶことをオススメします。

 

白髪染めシャンプーで若々しい黒髪をキープ!

白髪染めシャンプーの選び方をご紹介しました。白髪染めシャンプーは、天然成分で髪や頭皮をケアしながら白髪対策ができるため、白髪が気になる世代のデリケートな髪や頭皮をやさしくいたわってくれます。白髪染めシャンプーを効果的に使って、いつまでも若々しい黒髪をキープしていきましょう!

Source: みちの道

-美肌菌・美容情報
-

Copyright© アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト , 2019 All Rights Reserved.