敏感肌持ちのアラサー女子が実際にデオドラントを試したり、ネットで収集したわきが対策の情報を発信していきます。みんなの体験談やブログなども紹介しています。

アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト

美肌菌・美容情報

肌が大きく変わる。

投稿日:

こんばんは。

元美容部員

お肌のお稽古いち媛です。

 

 

お手入れは

シンプルで何気ないところが

一番重要な『鍵』。

『肌の鍵』をフランス語でいうと

クレ・ド・ポーになります。

 

 

その肌の鍵となるのは

しつこいようですが

メイク落としと、洗顔。

 

 

今日は、その洗顔の濯ぎについて

お話をしていきたいと思います。

 

 

先日、3月10日にレッスンをした

大阪4期生の洗顔講座。

メインは濯ぎになります。

 

 

大阪生の皆さんは

 

● 思っていた濯ぎ方と

違っていた。

 

という声が一番多かったです。

 

 

毎日の洗顔では

濯ぎを丁寧に

泡を取り去らなければなりません。

 

 

お洗濯でも

泡が繊維に残っていると

体が痒くなったり

ブツブツができたりしますよね。

 

 

洗顔の濯ぎも

それと同じなんです。

 

 

今回はヌルヌルがなくなるまで

濯ぎ続けて

時間内に完結できなかったため

全員次回へ再受講

持ち越しになりましたが

生徒さんたちは、レッスン当日の夜から

真剣に濯ぎに取り組んでいるようです。

 

 

その中でも印象的だったのが

このお二人のお話。

良かったらおつき合い下さい。

 

 

 

 長年悩んでいた毛穴の黒ずみが

キレイに無くなった。

 

 

あれほど、炭の石鹸や

オイルでやっていたのに

濯ぎで黒ずみがとれ

毛穴が白くなったのには驚いた。

とても嬉しい。

 

 

でも、濯ぎの手を抜くと

黒ずみがまたできるので

やはり、毎回丁寧にすることが

大切だと感じた。

 

 

 花粉で顔が痒くて仕方なかったのが

濯ぎを丁寧にすることで

痒みがすっかりなくなった。

 

 

まぶたは、

あと少しだけ痒みは残っていますが

リンデロンVGは不要になりました。

 

 

想像のお話ではありますが

花粉が毛穴の中にも

入り込んでいたのかも知れません。

 

 

この花粉の痒みが

治まってきたというお話は

今回の講座では

他の生徒さんからも

よく聞いています。

 

 

何でも、今の花粉は

PМ2.5と合わさって

花粉が大爆発をするらしく

更に粒子がPМ2.5より

小さくなるそうですね。

 

 

濯ぎ。

貴女は何回してますか。

ヌルヌルなくなるまで

丁寧にされていますか。

 

 

いち媛の濯ぎのコツは

手のひらで肌をしっかりと掴んで

丁寧に行います。

3月末は東京5期生です。

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: 素肌の本質を開花させる美容の手引き

-美肌菌・美容情報
-

Copyright© アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト , 2019 All Rights Reserved.