敏感肌持ちのアラサー女子が実際にデオドラントを試したり、ネットで収集したわきが対策の情報を発信していきます。みんなの体験談やブログなども紹介しています。

アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト

美肌菌・美容情報

同棲の初期費用は100万円オーバー?節約するコツを公開

投稿日:

これからの二人の生活にドキドキ、ワクワクしている中で気になるのが、同棲にかかる費用です。同棲の準備や同棲をしていく中で、現実的な問題として二人が考えなければならないのがお金に関する問題であり、同棲を始める前に新生活のための物件や家具、家電などにかかる初期費用だけでなく、同棲スタートした後の生活にかかる費用なども二人でしっかり把握して話し合っておきましょう。

今回は

  • 賃貸契約にかかる費用の目安
  • 家具や家電製品にかかる平均費用
  • 同棲生活の生活費の分担方法
  • 同棲費用を半額まで抑えるコツ

についてご説明します。同棲したいと思っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

賃貸契約にかかる費用は家賃の5~6倍が目安

同棲を始める場合、多くのカップルは賃貸物件を中心に物件を探しますが、賃貸物件を契約する際に発生する費用の相場は家賃の5倍から6倍と言われています。では賃貸物件の契約ではどんな項目でどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

敷金は家賃の1か月分


敷金とは部屋を退去するときに原状回復のために必要な費用を、入居する前に支払う準備金のことです。基本的には原状回復にかかった費用を差し引いて退去時に戻ってきます。敷金は物件のオーナーや管理会社にもよりますが、家賃の一か月分が目安となっています。また最近は敷金なしの物件も増えていますが、敷金を支払っていないと退去時に原状回復のための費用を実費で支払うことになります。

礼金は家賃の1か月分

礼金とは、部屋を所有している物件のオーナーに対して部屋を借りるお礼として支払う費用です。お礼なので退去時に返還されることはありません。最近では、礼金なしの物件も増えていますが、礼金の目安は家賃の一か月分です。

不動産業者に支払う仲介手数料は家賃の1か月分

仲介手数料とは賃貸契約などを行う際に、物件のオーナーと借り主の間に入る不動産業者に支払う費用のことです。契約には意見の調整や契約事務などが含まれています。不動産業者に支払う仲介手数料の目安は家賃の一か月分です。物件のオーナーと借り主の間に不動産業者が入らずに契約をする場合は発生しない場合もあります。

前家賃は1~2か月分を支払う


前家賃とは入居を開始する月の家賃のことであり、例えば3月に契約を済ませて4月に入居を開始する場合は、契約をした時点で4月分の家賃を契約時に支払います。月の途中から入居をする場合は、その月の家賃を日割り計算して、翌月の家賃と一緒に前家賃として支払うため、前家賃の目安は家賃の1ヶ月から2ヶ月分です。

鍵の交換や火災保険料もチェックしておこう

敷金や礼金、仲介手数料や前家賃の他にも、賃貸契約では鍵の交換にかかる費用や火災保険料なども発生します。鍵の交換については物件や管理会社の意向にもよりますが、セキュリティ面を考えると交換をしておくのが無難です。鍵交換の目安は鍵の種類にもよりますが、一般的な鍵であれば1万円から2万円程度、ディンプルキーであれば1万5000円から2万円程度です。

また賃貸物件を契約する際に必ず加入を求められるのが火災保険です。部屋を借りる以上、借り主には原状回復が義務付けられていることから、万が一火災の原因になった場合でも火災保険を使って賠償を行うことができますし、自分の家具や家電などの家財も火災保険で補償してもらうことができます。物件の契約をする際に加入の申し込みを行うことがほとんどなので、火災保険料の目安は補償内容や特約の有無、契約する物件にもよりますが一年間で1万円程度が目安です。

家具や家電製品にかかる平均費用は約70万円

二人で住む部屋が決まったら、次に必要になるのが家具や家電です。最初は必要最小限でいいと思っていても、生活をしていく上で必要不可欠なものも多いことから、新生活のために必要は家具や家電にはどのくらいの費用がかかるのか紹介します。

新しい家具の購入費用は40~50万円程度


賃貸契約をした部屋の中は入居したときは空っぽです。最低限でいいとは言っても、目隠しや遮光のためのカーテンや就寝時に必要な布団、くつろぐためのソファや食事をするためのダイニングテーブルや椅子、食器や日用品などを収納するための棚なども必要になります。

まずは二人で、必要なものとそうでないものをリスト化して話し合ってみましょう。例えば就寝時には布団だけでいいのか、ベッドも必要なのか二人の生活スタイルによって揃えるものは違いますが、ソファやダイニングテーブル、食器棚などの家具は、二人で生活をするのであれば大きなものを必要としないことから、一から新しい家具を購入する場合の費用の目安は40万円から50万円程度です。

新しい家電製品の購入費用は30~50万円程度

新生活で必要な家電は生活スタイルにもよりますが、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器電子レンジ、掃除機や照明など最低限必要なものでも、高額な費用がかかります。エアコンは賃貸物件であれば備え付けのものを使用することができる場合もありますが、なければ購入しなければなりませんし、一から家電を揃える場合の目安は30万円から50万円程度です。

日用品にかかる費用は約5万円

生活をしていく上では様々な日用品が必要になります。食器類やカトラリー、タオルや歯ブラシなどは二人分揃えなければなりませんし、洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品や部屋を清潔に保つための掃除用具なども必要です。最近は100円ショップなどもあり、品揃えも豊富なので費用を抑えて揃えることもできますが、日用品にかかる費用の目安は5万円程度です。

同棲生活の生活費の分担方法

同棲の準備には何かと費用がかかりますが、同棲がスタートした後も家賃や光熱費、食費などの費用がかかります。お互いの負担を最初に決めておくことで、お金に関する揉め事を減らすことができます。

それぞれ負担する固定費を決めて支払うやり方

家賃、光熱費や彼氏、食費や雑費は彼女など、それぞれが負担する項目を決めて支払う方法です。収入のバランスによって負担する項目を増やしたり、減らしたりしながら、減らした場合は家事などの負担を増やすなどバランスを取ることができます。

生活費をすべて半分で計上する方法

家賃や光熱費、食費など生活にかかる費用を完全に折半する方法です。お互いに安定した収入がある社会人カップルに向いています。ただし生活費を完全に折半にしていることから、家事の負担も折半でないと揉める原因になることもあります。

社会人彼氏が費用を負担して彼女が家事をこなす


社会人と学生のカップルに多いのが、社会人の彼氏が生活にかかる費用を負担して、学生の彼女が家事をこなす方法です。男女が逆になる場合もありますが、お金にあまり余裕がない方が家事をこなすことで不公平感を抑えることができます。

同棲費用を半額まで抑えるコツ

賃貸物件の契約や家具や家電を揃える際にかかる費用の目安を見て、そんなにかかるの!?と驚いているカップルも少なくないのではないでしょうか。何十万というお金が飛んでいくことで、これまの貯金も減ってしまい新生活が不安だというカップルもいるのではないでしょうか。そこで、できるだけ初期費用を抑えたいという場合は、次の方法を試してみましょう。

引越しは自力でやるか繫忙期を避ける

一人暮らしをしている場合、実家に住んでいる場合、いずれにしても引っ越し作業が必要になります。二人分の家具や家電、そのほかの荷物であれば引越し業者に依頼するのではなく、自力で行うことで引っ越しにかかる費用を節約することができます。必要に応じてレンタカーを利用するのもおすすめです。またどうしても引越し業者への依頼が必要な場合は、3月から5月、8月から9月は引越し業者が繁忙期に入るので料金も高くなります。また土日祝日や連休なども高くなる傾向にあることから、繁忙期などを避けて依頼することで費用を抑えることができます。

実家から持って行ける家具を活用する


同棲を始めるときは、二人で一から家具や家電などを揃えたい気持ちもありますが、少しでも節約できるように、どちらかが一人暮らしをしている場合は家具や家電など使えるものを持っていくことができますし、実家に住んでいる場合でも家具などをそのまま持っていくことができます。そのまま活用することで新たに購入するための費用を節約することができます。

敷金、礼金など初期費用ができるだけかからない物件を選ぶ

賃貸物件で増えているのが、敷金や礼金のかからないゼロゼロ物件です。敷金や礼金が不要になることで、賃貸契約にかかる費用を大幅に抑えることができます。賃貸物件を探す際は、まずはゼロゼロ物件を中心に探してみてはいかがでしょうか。また敷金や礼金がかかる物件でも物件のオーナーや管理会社との交渉次第では、値引きしてもらうことができる場合もあります。

すぐ必要な最低限の物のみを購入する


同棲を始めるにあたって、最初から必要なものを全て買い揃えるのではなく、最低限必要なものをリスト化して買い揃えることで、初期費用を抑えることができます。またネットで最安値を調べる、季節家電は季節外に購入するなど、購入する際の節約も大切です。

まとめ

二人で始める同棲はとても楽しいものですが、それと同時に様々な面で費用がかかります。何にどのぐらいの費用がかかるのか、二人で話し合うことが大切です。また生活を始めた後の生活費に関する取り決めなど最初にしておくことで、毎日楽しく同棲を続けていくことができます。

Source: 恋愛 – FEELY

Source: アンチエイジング情報まとめサイト

-美肌菌・美容情報
-

Copyright© アラサーわきが女子の体臭対策情報まとめサイト , 2019 All Rights Reserved.