スニーカーの選び方

春はあけぼの

(現代語訳)
しだいに白くなっていく山ぎわが、少しあかるくなって、紫がかった雲が細くたなびいている(というのがいい)夏は夜(がいい)月の(明るい)ころはいうまでもない。闇のころでもやはり、ほたるがたくさん飛びちがっている(のはいい)
また、ひとつふたつなど、ほのかに光って、飛んでいくのも風情がある。雨などが降るのも風情がある。
秋は夕暮れ(がいい)夕日がさして山の端にたいへん近くなっているころに、からすが寝どころへ行こうとして、三つ、四つなど飛び急ぐのさえしみじみと趣がある。
まして雁などの連なっているのが、たいへん小さく見えるのは趣がる。太陽が沈んで、風の音、虫の音などは、またいうまでもないことである。
冬は早朝(がいい)雪の降っているのはいうまでもないが、霜がたいへん白い(朝)も、またそうではなくても、たいそう寒い(朝)に、火などを急いでおこして、炭を持って、あちこち移動するのも、たいへん(冬の朝に)似つかわしい。
昼になって寒さが、あたたかくなり、ゆるんでいくと、火桶の火も白い灰がりになってよくない。